【祝】加熱式たばこも規制されるwww 150平方m超飲食店は原則禁煙www

他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙対策について、厚生労働省は30日、今国会に提出予定の健康増進法改正案の骨子を公表した。店舗面積150平方メートル(m2)超の飲食店を原則禁煙とし、加熱式たばこも規制対象に盛り込む方向で調整。

例外として、150平方メートル以下など経営規模の小さい既存店で喫煙を認める。

30平方メートル超を原則禁煙としていた当初案より大幅に後退した格好。東京五輪・パラリンピックまでに段階的に施行するとしている。


このニュースを受けて、インターネット上には、

「まあ殆ど骨抜きだな。結局すぐ目に見えるお金とすぐ目には見えない健康だとお金の方が強いよね。」

「お店・お客さんが、全面喫煙店か、全面禁煙店か、


選べるようにすれば、お金かからないし、現実的だと思うけど。」

「狭い店こそ、対策が必要なのがわからないかな?」

「医療費の抑制を掲げながら真逆のことを平然とする。たばこ議連などという族議員の圧力としか考えられない。そもそも喫煙の規制などするつもりはないのではないかと思ってしまう。」

「お店の入り口に喫煙店なら大きく書く 書いてないなら原則禁煙でいい 守らないのは罰金」

「もうタバコは禁止にしたら??」

「パチンコは18歳から入店出来るのにタバコの規制が無い。ゲームセンターに至っては子供もたくさんいるのに話題にもならないな。」

「たばこの販売は止めたらいいよ いらないし、健康にいいだろう」

「だめだこりゃ」

「オリンピックを目指しているなら、歩きたばこを全面禁止にすべきでしょう。」


など、多くのコメントが書き込まれている。